人生の生き方。生きることが辛いなら。

未分類

こんにちは!あおいです!


私は、生きることが辛い時期がありました。



中学の時、よくあるいじめです。


私は不登校、引きこもりになりました。



リストカットもしていました。




自殺したいとも、何回も思いました。



自分の小さな世界でぐるぐる回って、ひたすらびくびくしていました。



「辛い、辛い…」と、同じ言葉が頭の中でループしていました。




自分の小さな世界で、ぐるぐる回っていたんです。


小さな世界とは、自分の知っている範囲のことです。




「生きていることが辛い」状態は、

自分の知っている世界が狭いことが、原因で起こります。



でも図で示した通り、自分が知っている世界は、ものすごく狭い範囲です。



辛いときは、自分の知っている世界がすべての世界だと思っています。


でもそれは、違います。




試しに、私のブログでもいくつか読んでみてください。



こんな考え方もあったんだ!と、あなたの世界が広がるはずです。





行動すればするほど、学べば学ぶほど、世界は広がります。


知っていることが増えます。



こうなると、自分の悩みが小さなことだったと思えたり、解決策が見つかったりして、

生きているのが辛いという状況が少しずつ変わっていきます。



そして、気づかないうちに、自分の世界は大きく変わって、


生きていることが楽しいとも思えるようになってきます。



事実、私がそうなりました。




私は、10代の頃、家出をしました。




実家は、ほぼ毎日両親の喧嘩で、居心地が悪い状況でした。



父は怒鳴りまくって、物にあたり、



私が止めようとすると、

「関係ないだろ、誰に飯を食わせてもらっているんだ」と、言われました。






母は、怒鳴り合いに疲れると、私の前では気丈に振舞っていても、

家族が寝静まった夜に一人で泣いていたのを知っています。



妹は、両親が喧嘩を始めるたびに、怖がってずっと泣いていました。


もう、限界でした。



大学生になって、友達の家に泊まることがだんだんと増えていき、

ついには家に帰らなくなりました。




私は、辛い世界から、思い切って出ました。



他の世界を見ることにしました。




もちろん家をでたら、生活費は自分で稼がなきゃいけないし、

不安は日常茶飯事で、私を襲ってきました。



でも、あのまま家にいたら、もっと精神がおかしくなっていました。



今では、新しい世界を知ろうとして良かったなと思っています。


学ぶことは、本当に自分を救ってくれました。


もし、今生きていることが辛い人がいたら、


思い切って、今まで読んだこともない本とか、読んでください。

今まで見たことない映画でも良いです。

もちろん私のブログでも良いです。


知らない世界に、踏み出してみてください。


少しずつ、自分の世界が変わってきます。




私も生きることが辛かった時期があるから、

本当に救いたいと思っています。



質問は何でもしてください!


Twitterもしているので、そこでもコメントもらえると嬉しいです。

私、おいちゃんは、10代20代はタバコ、お酒、パチンコに逃げて依存して、自由に遊びまくってフラフラして無駄に過ごしていました。正直、後悔だらけです。

でも30代の今は、好きな時に好きなことができる人生にするために、年収1億を目指して日々学び、現在ビジネスをしています。

 

毎日ワクワクする人生を歩むための、ビジネス戦略や考え方、人生を変える知識を発信しています。

読者からリクエストがあった話や、ブログでは書けない最新情報は無料メールマガジンで共有します。
メルマガで届きます。

・高くてもあなたから買わせてください!と言われるビジネス戦略
・副業でも効率良く貴重な時間を無駄にしないで稼ぐ方法は?
・ひらめき、アイデアがガンガン増える
・うつでも起業できた経験談
・マーケティング ターゲットの見極め方法
・ストレスが消えて行動力がみるみる上がる方法

未分類
おいちゃんをフォローする
30歳から年収1億を目指す日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました